2006年08月05日

フェイフォン出生の秘密

(ブログ「ゴッドセイブザフェイフォンより」)

何かコメントがたくさん来てて→カリスマパンクロッカーフェイフォンの歴史を知りたいという声が多かったのでそれにお答えしようと思う

第1話
私はこうしてフェイフォンになった


まずは「フェイフォン」という名前について…

かれこれ21年前、韓国人の父パヤオと日本人の母親幸子との間に長男が誕生

旅先での急な陣痛によりスグサマ救急車で病院に運ばれた幸子は難産だった

その時の待合室で中国の歴史ドラマが流れていたのを見て父パヤオはこう思った…


俺の息子もこんな風に育って欲しい
そう思っていた矢先→分娩室のランプが消えた…






すぐさま走ってかけつけた父パヤオは叫んだ





この子の名前は
「しゅうじだぁぁぁ」

あっこれ俺の話じゃね〜や…

次回につづく


posted by ゆーちゃん at 19:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | 思い出話編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。